ペルソナ5に年齢の限界を感じたアラフォー#その1

どうもお久しぶりです。おじ紳士です。

今  お酒を嗜みながら  記事を書いています。

しばらく記事を投稿していなかったのですが

ここからちょくちょく投稿していこうと思っております。

さて皆様はアトラスから発売されている人気ゲーム「ペルソナ」シリーズはご存知でしょうか?

私が小学生の頃にペルソナの原点となる「女神異聞禄ペルソナ」が発売されたと記憶しております。

その頃スーファミが現役で稼働していた我が家ではもちろんすぐに購入することはできませんでした。

しかし持つべきものは兄弟ですね。

兄が汗水たらしてバイトした給料で初代プレイステーションを購入したのです(やったぜ)!

あとは私が貯蓄していた貯金箱(お年玉)を破壊し歴戦のオタクたちの集う「カメレオンクラブ」に意気揚々と乗り込んだのです。

 

ありました!ありました!

当時PSソフトはスーパーファミコンのソフトに比べて価格がメチャクチャ安かったので迷うことなく新品で購入!

ホクホク顔で帰路に着くおじ紳士少年なのでした。

しかし、そこには初代プレイステーションの思いがけないが待ち受けてるとも知らずに・・・

続く・・・

Follow me!

コメントを書き残します