おじ紳士が考えるレトロゲームとは何か

どうも初めまして、この度はZACKさんに懇願してゲームの記事を書かせていただくことになりました『おじ紳士』と申します。

皆さま昨今のゲームライフはいかがお過ごしでしょうか?

最新機種で話題のゲームをするもよし。スマホゲームでサクッと手軽にプレイするもよし。ファミコンなどのレトロゲームで懐古厨を気取るもよし。

昔に比べると、ゲームというものが我々の生活の一部として入り込んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし昔の私は違いました。

私はPlay Station2購入すると、その後に発売される新たなハードには見向きもしませんでした。

なぜかというと、単純にテレビゲームというものに飽きたのです。ハードが変われば画質は奇麗になるけど、それ以上の目新しい進化は見受けられないと感じていました。

しかし最近になり、再びゲーム熱が再燃してきたのです。

原因はそう・・・

ミニスーパーファミコン

ミニスーパーファミコンの出現、及び購入により蓋をしていたゲーム脳が活性化してきたのです。

当時プレイしていたスーパーマリオカート、魂斗羅、がんばれゴエモン、スーパードンキーコング、ファイナルファンタジー6等々

往年の名作がHDMIケーブルにぶっ刺して遊べることに興奮を隠せませんでした。

しかし、そこである一つの疑問にぶつかりました。

「スーパーファミコンってレトロゲームに入るの?」

 

そう、長らくゲームの世界から遠ざかっていた私は『レトロゲーム』『レトロゲームじゃないゲーム』の境界線がいまいち分からなかったのです。

ファミコンの「マリオ」「じゃじゃ丸」はレトロゲームって言われるのは分かるけど、「スーパーマリオワールド」「スターフォックス」はレトロゲームの部類なのか・・・と

その時は本気で悩みました。そこで会社の後輩の子(22歳)に聞いてみることにしました。

————————————————————————————————————————————————————————————————-

ーーーーー会社にて

おじ紳士「ねぇ後輩君、スーファミのソフトってレトロゲームと思う?」

後輩(22歳)「スーファミってなんすかwwww?

おじ紳士「・・・」

おじ紳士「スーパーファミコンの事なんだけど・・・」

後輩(22歳)「スーパーファミコンとか見たことないっすよwwww

・・

・・・

おじ紳士「・・・まじで?」

————————————————————————————————————————————————————————————————-

はい、今の若い子はスーパーファミコンを見たことないんですね・・・

こりゃレトロゲームの部類だわ

軽いカルチャーショックをうけ帰路についたおじ紳士なのでした。

 

次回は「ネオレトロゲーム」について記事にしていきます。

 

次の記事へ

Follow me!

おじ紳士が考えるレトロゲームとは何か” に対して1件のコメントがあります。

コメントを書き残します

次の記事

DIVISION2 BETA